1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ルドベキア

ルドベキア
≪学名:Rudbeckia≫

原産地、北アメリカのキク科オオハンゴンソウ属ルドベキアは、学名Rudbeckiaです。英語ではRudbeckiaと表記し別名、グロリオサデージー、アラゲハンゴンソウ、大反魂草と呼ばれています。開花時期は6月~9月。花色は黄色、オレンジ色。夏の季節に開花します。

ルドベキアの花言葉は?

公平
正しい選択
正義
立派な

誕生日花



詳細

学名
Rudbeckia
英語
Rudbeckia
科属名
キク科オオハンゴンソウ属
和名
大判言草(オオハンゴンソウ)
別名
グロリオサデージー、アラゲハンゴンソウ、大反魂草
原産地
北アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:6月~9月。花色:黄色、オレンジ色。

名称 ルドベキア
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 キク目 :w:Asterales Asterales
科 キク科 :w:Asteraceae Asteraceae
属 オオハンゴンソウ属 ”:w:Rudbeckia Rudbeckia”
英名 :en:Coneflower Coneflower
ルドベキア(”Rudbeckia”)は、キク科オオハンゴンソウ属の植物の総称である。北米に15種ほどの自生種があり、ほとんどが多年草である。カール・フォン・リンネにより、植物学者でウプサラ大学での植物学の師であるオロフ・ルドベック(:w:Olof Rudbeck the Younger Olof Rudbeck the Younger、1660年-1740年)と同名の:w:Olaus Rudbeck 父(1630年-1702年)を讃えて命名された。
戦前観賞用に導入されたオオハンゴンソウ(大反魂草)は、日本に自生するハンゴンソウ(”Senecio cannabifolius”)に葉の様子が似ていて、背丈が大きいことから命名された。 



その他の植物

ホトトギス(杜鵑草)

ユリ科ホトトギス属

ツルコベア(コバエア)

ハナシノブ科コベア属

ダリア

キク科ダリア属

アルテルナンテラ(アキランサス)

ヒユ科アルテナンセラ属

シモツケ (下野)

バラ科シモツケ属

インドソケイ(インド素馨)

キョウチクトウ科プルメリア属

チドリソウ(千鳥草)

キンポウゲ科チドリソウ属

シャスターデージー

キク科フランスギク属