ココヤシ
≪学名:Cocos nucifera≫

原産地、のヤシ科ココヤシ属ココヤシは、学名Cocos nuciferaです。英語ではCoconut Palm、Coconut Treeと表記し別名、ココナツ、コガネタケヤシ、やし(椰子)と呼ばれています。夏の季節に開花します。

ココヤシの花言葉は?

思いがけない贈り物

誕生日花


詳細

学名
Cocos nucifera
英語
Coconut Palm、Coconut Tree
科属名
ヤシ科ココヤシ属
和名
-
別名
ココナツ、コガネタケヤシ、やし(椰子)
原産地
季節
夏の季節

ココヤシ(学名:Cocos nucifera L.)は、単子葉植物ヤシ科の高木である。おそらくヤシ科植物の中で最も有名で、最も利用価値が高い。単にヤシと言えばこれを指す。果実はココナッツとして有名であり、他にも多方面で利用価値が高く、世界中の熱帯地域で栽培されている。 樹高は大きいもので約30メートルにまで成長する。幹はまっすぐには直立せずやや斜めに伸び、途中がよく屈曲する。葉の長さは5メートルにもなる羽状複葉で、基部から先端まで細長い小葉を両側に着ける。葉は幹の先端部に集まり、その部分には葉の付け根とそこから出る繊維が密集する。それより下では比較的滑らかな樹皮が露出している。 雌雄同株で大きな円錐花序を着け、その先端部は雄花で、基部に雌花をつける。果実は熟すと30センチメートル程にもなり、やや先がとがった楕円形で、緑色。その外側は丈夫な繊維を含む厚い層からなり、その内側に非常に固い殻に包まれた種子がある。果実は海水によく浮かび、遠距離への種子の散布が可能である。 ポリネシアから熱帯アジアが原産とされるが、現在では世界中の熱帯地方で栽培されている。



その他の植物

ネズ(杜松)

ヒノキ科ビャクシン属

エンゼルトランペット

ナス科キダチチョウセンアサガオ属

ゴデチア

アカバナ科サンジソウ属

スイセンノウ(酔仙翁)

ナデシコ科センノウ属

ヤツデ(八つ手・八手)

ウコギ科ヤツデ属

トリカブト(鳥兜)

キンポウゲ科トリカブト属

サクランボ

バラ科サクラ属サクラ亜属