サボテン
≪学名:Cactaceae≫

原産地、メキシコ、アメリカ南部のサボテン科エキノカクタス属サボテンは、学名Cactaceaeです。英語ではCactusと表記し別名、シャボテンと呼ばれています。開花時期は5月~9月。夏の季節に開花します。

サボテンの花言葉は?

燃える心
熱情
暖かい心
内気な乙女
秘めた熱意

誕生日花




詳細

学名
Cactaceae
英語
Cactus
科属名
サボテン科エキノカクタス属
和名
仙人掌、覇王樹
別名
シャボテン
原産地
メキシコ、アメリカ南部
季節
夏の季節
開花時期:5月~9月。

サボテン(シャボテン、仙人掌、覇王樹)はサボテン科に属する植物の総称である。その多くは多肉植物であるため、多肉植物の別名として使われることもあるが、サボテン科以外の多肉植物をサボテンと呼ぶのは誤りである。 語源 日本には16世紀後半に南蛮人によって持ち込まれたのが初めとされている。彼らが「ウチワサボテン」の茎の切り口で畳や衣服の汚れをふき取り、樹液をシャボン(石鹸)としてつかっていたため「石鹸のようなもの」という意味で「石鹸体(さぼんてい)」と呼ばれるようになったとする説が有力 であり、1960年代までは「シャボテン」と表記する例もあった(伊豆シャボテン公園は1959年に開園)。 英語名のキャクタス(Cactus)は、古代ギリシア語でとげだらけの植物を指すのに使われたカクトス(κάκτος) という単語がラテン語のカクトゥス(Cactus)を経てとりいれられたものである。 分布 サボテン類の原産地はRhipsalis属の数種をのぞき、南北アメリカ大陸および周辺の島(ガラパゴス諸島など)に限られる。



その他の植物

〔白色〕ハイビスカス

アオイ科フヨウ属

〔黄色〕スミレ(菫)

スミレ科スミレ属

ソヨゴ(冬青)

モチノキ科モチノキ属

アスフォデル

ツル科ツルボラン属

ミズヒキ(水引)

タデ科イヌタデ属

チューベローズ

リュウゼツラン科ポリアンテス属

フランネルフラワー

セリ科アクチノータス属

ジャーマンカモミール

キク科シカギク属