クロトン
≪学名:Codiaeum variegatum≫

原産地、マレー半島からオーストラリアの熱帯地方、オセアニアのトウダイグサ科クロトンノキ属クロトンは、学名Codiaeum variegatumです。英語ではCroton、Krotonと表記し別名、ヘンヨウボク(変葉木)と呼ばれています。花色は黄色、赤色、オレンジ色夏の季節に開花します。

クロトンの花言葉は?

妖艶
嬌艶

誕生日花




詳細

学名
Codiaeum variegatum
英語
Croton、Kroton
科属名
トウダイグサ科クロトンノキ属
和名
-
別名
ヘンヨウボク(変葉木)
原産地
マレー半島からオーストラリアの熱帯地方、オセアニア
季節
夏の季節
花色:黄色、赤色、オレンジ色

『不飽和脂肪酸』より : クロトン酸(クロトンさん、crotonic acid)は、炭素数4のモノ不飽和脂肪酸のひとつ。C-2位にトランス型の二重結合を持つ。ハズ油の主成分で、名称もハズ属 Croton に因む。工業的にはクロトンアルデヒドの酸化によって合成する。 同じ化学式で、シス型の二重結合をもつ幾何異性体はイソクロトン酸 (isocrotonic acid) と呼ばれる。イソクロトン酸は蒸留によって単離できる安定な物質であるが、熱や光、酸などによってクロトン酸へと異性化する。 出典 関連項目 メタクリル酸 アンゲリカ酸 チグリン酸。



その他の植物

ネズ(杜松)

ヒノキ科ビャクシン属

ルコウソウ (縷紅草)

ヒルガオ科ルコウソウ属

〔白色〕コスモス

キク科コスモス属

ヒモゲイトウ (紐鶏頭)

ヒユ科アマランサス属(ヒユ属)

ゲッケイジュ(月桂樹)

クスノキ科ゲッケイジュ属

ホウキギ(箒木)

ヒユ科バッシア属

フリージア

アヤメ科フリージア属

カキツバタ(燕子花・杜若)

アヤメ科アヤメ属