1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ケイトウ (鶏頭)

ケイトウ (鶏頭)
≪学名:Celosia argentea≫

原産地、東南アジア、インドのヒユ科ケイトウ属ケイトウ (鶏頭)は、学名Celosia argenteaです。英語ではplumed cockscombと表記し別名、ケイカンカ(鶏冠花)、トサカケイトウ(鶏冠鶏頭)と呼ばれています。花色は赤色、桃色、白色、オレンジ色、黄色など。秋の季節に開花します。

ケイトウ (鶏頭)の花言葉は?

おしゃれ
感情的
奇妙
情愛
色あせぬ恋

誕生日花




詳細

学名
Celosia argentea
英語
plumed cockscomb
科属名
ヒユ科ケイトウ属
和名
-
別名
ケイカンカ(鶏冠花)、トサカケイトウ(鶏冠鶏頭)
原産地
東南アジア、インド
季節
秋の季節
花色:赤色、桃色、白色、オレンジ色、黄色など。

ケイトウ (鶏頭、学名:Celosia argentea) はヒユ科の一年生植物。狭義にはC. argentea f. cristata(シノニムC. argentea var. cristata)をいうが、本記事では特に断らない限りC. argentea をケイトウということにする。学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する。ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。 夏から秋にかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。花期は6月から9月頃。 原産地はアジア、アフリカの熱帯地方と推定され、日本には奈良時代に中国を経由して渡来した。かつては韓藍(カラアイ)と呼ばれていた。花の色は赤や黄色を基調とするが、橙、紫、ピンクなどさまざまな色の園芸品種がある。栽培にあたっては移植を嫌うので直蒔きする。種は嫌光性で、日光の当る場所では発芽しない。アルカリ性の土壌を好み、栽培は簡単である。花穂の形状の異なる羽毛ケイトウ、久留米ケイトウ、トサカケイトウなどの系統がある。



その他の植物

クレマチス

キンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)

へチマ(糸瓜)

ウリ科ヘチマ属

キダチセイベゴニア(木立性ベゴニア)

シュウカイドウ科ベゴニア属

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属

ヒャクニチソウ(百日草)

キク科ヒャクニチソウ属

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

シソ科オドリコソウ属

ヒエ(稗)

イネ科ヒエ属

ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪ノ下)

ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属