1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ホオズキ(鬼灯、酸漿)

ホオズキ(鬼灯、酸漿)
≪学名:Physalis alkekengi var. franchetii≫

原産地、東南アジアのナス科ホオズキ属ホオズキ(鬼灯、酸漿)は、学名Physalis alkekengi var. franchetiiです。英語ではPhysalis alkekengi、Winter Cherry、 Chinese lantern plantと表記し別名、輝血(カガチ)、奴加豆支(ヌカヅキ)と呼ばれています。開花時期は6月~7月。花色は黄色。秋の季節に開花します。

ホオズキ(鬼灯、酸漿)の花言葉は?

心の平安
不思議
自然美
頼りない
半信半疑
いつわり

誕生日花




詳細

学名
Physalis alkekengi var. franchetii
英語
Physalis alkekengi、Winter Cherry、 Chinese lantern plant
科属名
ナス科ホオズキ属
和名
鬼灯(ホオズキ)、酸漿(ホオズキ)
別名
輝血(カガチ)、奴加豆支(ヌカヅキ)
原産地
東南アジア
季節
秋の季節
開花時期:6月~7月。花色:黄色。

ホオズキ(鬼灯、酸漿)は、ナス科ホオズキ属の多年草。またはその果実。カガチ、ヌカヅキとも言う。原産地は東南アジアで、近縁種が南欧やアメリカ大陸など温帯に自生している。主に観賞用や食用として栽培されるが、野生のものもある。 ホオズキ (Physalis alkekengi var. franchetii) は多年草で、草丈は60cmから80cm位になる。淡い黄色の花を6月から7月ころ咲かせる。この開花時期にあわせて日本各地で「ほおずき市」が開催されている。中でも、7月初旬に開かれる東京浅草寺のものは江戸時代から続いており、60万人にのぼる人出がある有名なものである。花の咲いた後に六角状の萼(がく)の部分が発達して果実を包み袋状になり、熟すとオレンジ色になる。食用や薬用としても知られているが、腹痛が起きることがあり特に妊娠中の女性は禁物である。 観賞用としてのホオズキは、鉢植えやドライフラワーなどに用いられ、その愛好家も多い。果実は、以前はホオズキ人形や口で音を鳴らすなど子供の遊びにも使われていた。



その他の植物

カルセオラリア

ゴマノハグサ科カルセオラリア属

キイチゴ(木苺)

バラ科キイチゴ属

ユキノシタ(雪の下)

ユキノシタ科ユキノシタ属

ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)

スイカズラ科スイカズラ属

タンポポ(蒲公英)

キク科タンポポ属

キク(菊)

キク科キク属

スモモ(李・酢桃)

バラ科サクラ属

センノウ(仙翁)

ナデシコ科センノウ属