1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. アサガオ(朝顔)

アサガオ(朝顔)
≪学名:Ipomoea nil≫

原産地、中国、熱帯、亜熱帯、ヒマラヤ高原のヒルガオ科アサガオ属アサガオ(朝顔)は、学名Ipomoea nilです。英語ではJapanese morning gloryと表記し別名、ケンゴシ、牽牛花と呼ばれています。開花時期は7月~10月。花色は白色、紫色、ピンク色、青色、紺色、グレー色、茶色。秋の季節に開花します。

アサガオ(朝顔)の花言葉は?

はかない恋
愛情の絆
平静 結束 短い愛 明日もさわやかに

誕生日花




詳細

学名
Ipomoea nil
英語
Japanese morning glory
科属名
ヒルガオ科アサガオ属
和名
-
別名
ケンゴシ、牽牛花
原産地
中国、熱帯、亜熱帯、ヒマラヤ高原
季節
秋の季節
開花時期:7月~10月。花色:白色、紫色、ピンク色、青色、紺色、グレー色、茶色。

アサガオ(朝顔、学名: Ipomoea nil 、英: Morning glory)は、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。中国語で牽牛(簡)。日本では「蕣」の漢字も当てられる。 つる性。 葉は広三尖形で細毛を有する。 花は大きく開いた円錐形で、真夏に開花する。1つの花は,外側からがく5、花弁5、おしべ5、めしべ1を有する。5枚の漏斗状の花弁は融合している。子房は3つの子房室からなり、各子房室には2つの胚珠がつくられる。 分布 原産地は熱帯アジア、ヒマラヤ山麓である。 日本 日本への到来は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる。アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれており、漢名では「牽牛子(けんごし)」と呼ばれ、奈良時代、平安時代には薬用植物として扱われていた。



その他の植物

ホウセンカ(鳳仙花)

ツリフネソウ科ツリフネソウ属

ナツメ(棗・夏芽)

クロウメモドキ科ナツメ属

クジャクソウ(孔雀草)

キク科シオン属

キダチセイベゴニア(木立性ベゴニア)

シュウカイドウ科ベゴニア属

アキレア(ノコギリソウ)

キク科ノコギリソウ属

ルリタマアザミ(瑠璃玉薊)

キク科ヒゴタイ属

オステオスペルマム

キク科オステオスペルマム属

カロライナジャスミン

マチン科ゲルセミウム属