ガーベラ
≪学名:Gerbera≫

原産地、南アフリカのキク科ガーベラ属ガーベラは、学名Gerberaです。英語ではAfrican daisy、Transvaal daisyと表記し別名、アフリカセンボンヤリ(アフリカ千本槍)と呼ばれています。開花時期は3月~5月・9月~11月。夏の季節に開花します。

ガーベラの花言葉は?

辛抱強い
希望
常に前進
神秘〔赤色〕
崇高美〔ピンク色〕
究極美〔黄色〕
我慢強さ(オレンジ色)

誕生日花




詳細

学名
Gerbera
英語
African daisy、Transvaal daisy
科属名
キク科ガーベラ属
和名
フロウカ(扶郎花)
別名
アフリカセンボンヤリ(アフリカ千本槍)
原産地
南アフリカ
季節
夏の季節
開花時期:3月~5月・9月~11月。

ガーベラ (Gerbera) は、キク科ガーベラ属の総称。多年草。狭義にはアフリカセンボンヤリ Gerbera jamesonii をガーベラとすることがある。 温帯な地域および、熱帯アジアやアフリカなどに分布し、野生で約40種が存在する(特に南アフリカが多い)。花のもちが良く、フラワーアレンジメントでも比較的多く用いられる。 花色はピンク、赤、白、黄色、緑、オレンジなど豊富にある。 語源 発見者であるドイツの博物学者ゲルバー(Traugott Gerber)の名前からとられた。 園芸種の一般的な特徴 ヨーロッパで品種改良され、切花や鉢植用に栽培されるものが多くある。こうしたものは花期は4–9月頃、暖地ならば4-11月頃(ただし真夏は中断する場合あり)が多い。 切り花用として流通している品種は2000品種以上あり、そのうち90パーセント以上がオランダなど日本国外から輸入された品種である。ただし、切り花のほとんどは、輸入された苗などを日本国内の農家が栽培したものである。



その他の植物

ゴボウ(牛蒡・牛旁)

キク科ゴボウ属

オトメギキョウ(乙女桔梗)

キキョウ科カンパヌラ属

ユズリハ(楪・譲葉・交譲木)

ユズリハ科ユズリハ属

ゲッカビジン(月下美人)

サボテン科クジャクサボテン属

デンドロビウム

ラン科セッコク属

シラタマホシクサ(白玉星草)

ホシクサ科ホシクサ属

ハクモクレン(白木蓮)

モクレン科モクレン属

ヤマブキ(山吹・棣棠)

バラ科ヤマブキ属