1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. タンポポ(蒲公英)

タンポポ(蒲公英)
≪学名:Taraxacum Cass.≫

原産地、地中海沿岸、中央アジアのキク科タンポポ属タンポポ(蒲公英)は、学名Taraxacum Cass.です。英語ではDandelion(ダンデライオン)と表記します。開花時期は3月~4月。花色は黄色。春の季節に開花します。

タンポポ(蒲公英)の花言葉は?

真心の愛
神のお告げ
愛の神託
思わせぶり
別離

誕生日花



詳細

学名
Taraxacum Cass.
英語
Dandelion(ダンデライオン)
科属名
キク科タンポポ属
和名
タンポポ(蒲公英)
別名
-
原産地
地中海沿岸、中央アジア
季節
春の季節
開花時期:3月~4月。花色:黄色。

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属 (Taraxacum) の総称である。多年生。多くはユーラシア大陸に自然分布する。 古くはフヂナ、タナと呼ばれた。タンポポはもと鼓を意味する小児語であった。江戸時代にはタンポポはツヅミグサ(鼓草)と呼ばれていたことから、転じて植物もタンポポと呼ばれるようになったのが通説であるが、その他にも諸説ある。 英語名のダンディライオン(dandelion)はフランス語で「ライオンの歯」を意味するダン=ド=リオン(dent-de-lion)に由来し、これはギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによる。また綿毛の球状の部分をさしblowballともいう。現代のフランス語ではピサンリ(pissenlit)というが、piss-en-litで「ベッドの中のおしっこ」という意味である。これはタンポポに利尿作用があると考えられているためである。 多くの種では黄色い花を咲かせ、綿毛(冠毛)のついた種子を作る。生命力の強い植物で、アスファルトの裂目から生えることもある。



その他の植物

コルチカム

イヌサフラン科イヌサフラン属

ザクロ(柘榴)

ザクロ科ザクロ属

アジサイ(紫陽花)

ユキノシタ科アジサイ属

エンドウ(豌豆)

マメ科エンドウ属

クサギ(臭木)

シソ科クサギ属

ジギタリス(実芰答利私・実芰答利斯)

オオバコ科ジギタリス属