1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. カモミール

カモミール
≪学名:Matricaria recutita≫

原産地、西ヨーロッパのキク科カミツレ属(マトリカリア属)カモミールは、学名Matricaria recutitaです。英語ではGerman chamomileと表記し別名、カミルレと呼ばれています。開花時期は3月~7月。花色は白色。春の季節に開花します。

カモミールの花言葉は?

清い心
親切
清楚
苦難に耐える
あなたを癒す
親交
逆境に負けない強さ

誕生日花




詳細

学名
Matricaria recutita
英語
German chamomile
科属名
キク科カミツレ属(マトリカリア属)
和名
カミツレ(加密列)
別名
カミルレ
原産地
西ヨーロッパ
季節
春の季節
開花時期:3月~7月。花色:白色。

カモミール、カモマイル(英: chamomile、あるいはカモミーユ(仏: camomille)、学名:Matricaria recutita)は、キク科の1種の耐寒性一年草。和名はカミツレである。後述するように、カモミールとも呼ばれる植物が他にあるため、本記事のMatricaria recutita を特にジャーマン・カモミール(German chamomile)という。ヨーロッパではハーブとして、どちらも同じように使われてきた。 語源 カモミールの語源は「大地の(χαμαί)リンゴ(μήλον)」という意味のギリシア語名のカマイメーロン(χαμαίμηλον (chamaímēlon))で、これは花にリンゴの果実に似た香りがあるためである。 スペイン語名のマンサニージャ(manzanilla)は「リンゴ(manzana)のような(香りがある)もの」という意味。属名のマトリカリアは「子宮」を意味し、婦人病の薬として用いられていたことに由来する。 和名はカミツレ(加密列)で、これはオランダ語名カーミレ(kamille [kaˑˈmɪlə])の綴り字転写カミッレが語源。



その他の植物

ブロワリア

ナス科ブロワリア属

エノコログサ(狗尾草)

イネ科エノコログサ属

ギボウシ(擬宝珠)

ユリ科ギボウシ属

クロトン

トウダイグサ科クロトンノキ属

白ツバキ(白椿)

ツバキ科ツバキ属

レモン(檸檬)

ミカン科ミカン属

チャービル

セリ科シャク属

ベアグラス

カヤツリグサ科スゲ属