1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. コナラ(小楢)

コナラ(小楢)
≪学名:Quercus serrata≫

原産地、日本のブナ科コナラ属コナラ(小楢)は、学名Quercus serrataです。英語ではkonara oakと表記し別名、ホウソと呼ばれています。「コナラ」の花名の由来は、日本のミズナラの別名であるオオナラ(大楢)と比較してつけられた。開花時期は5月。花色は緑色。秋の季節に開花します。

コナラ(小楢)の花言葉は?

勇気
独立

誕生日花




詳細

学名
Quercus serrata
英語
konara oak
科属名
ブナ科コナラ属
和名
小楢
別名
ホウソ
原産地
日本
季節
秋の季節
「コナラ」の花名の由来は、日本のミズナラの別名であるオオナラ(大楢)と比較してつけられた。開花時期:5月。花色:緑色。

コナラ(小楢、学名:Quercus serrata)はブナ目ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。別名ホウソ。 「コナラ」の名は、もうひとつの日本の主要なナラであるミズナラの別名であるオオナラ(大楢)と比較してつけられた。 北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布する。日本では雑木林に多く見られる。葉は長楕円型で縁にとがった部分がある。花は4 - 5月、若葉が広がる時に咲き、秋に実(ドングリ)が熟す。樹皮は灰色で、縦に裂け目ができる。 落葉樹だが、秋に葉が枯れた時点では葉柄の付け根に離層が形成されないため葉が落ちず、いつまでも茶色の樹冠をみせる。春に新葉が展開するころに枯れた葉の基部の組織で離層が形成され、落葉が起きる。 種内変異 亜種フモトミズナラ Quercus serrata Murray subsp. mongolicoides(シノニム Quercus crispula var. mongolicoides)。



その他の植物

カランコエ

ベンケイソウ科カランコエ属(リュウキュウベンケイ属)

ハシバミ(榛)

カバノキ科ハシバミ属

ヒョウタン(瓢箪)

ウリ科ユウガオ属

アスフォデル

ツル科ツルボラン属

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ科ヒガンバナ属

フリージア

アヤメ科フリージア属

クラスペディア

キク目キク科クラスペディア属

オダマキ(苧環)

キンポウゲ科オダマキ属