ポーポー
≪学名:Asimina triloba≫

原産地、北米のバンレイシ科ポポー属ポーポーは、学名Asimina trilobaです。英語ではPawpawと表記し別名、アケビガキと呼ばれています。開花時期は5月。花色は紫色。秋の季節に開花します。

ポーポーの花言葉は?

健康

誕生日花


詳細

学名
Asimina triloba
英語
Pawpaw
科属名
バンレイシ科ポポー属
和名
ポポー、ポポーノキ、ポポ
別名
アケビガキ
原産地
北米
季節
秋の季節
開花時期:5月。花色:紫色。

ポーポー(英語: Pawpaw、学名:Asimina triloba)は、バンレイシ科に属する落葉高木。果実を食用とする。北米原産。明治期に日本に持ち込まれた。ポポーやポポーノキ、ポポ、アケビガキとも呼ばれる。 温帯で生育する数少ないバンレイシ科の樹木。温帯果樹といっても寒さには非常に強い。 春に紫色の花をつけ、秋には黄緑色の薄い外果皮を持つ果実をつける。問題となる病害虫はほとんどなく、薬剤散布なしでも栽培できる。 果実は大小不揃いになりやすいが、小さくとも完熟する。完熟すると木から自然に落下するが、その時から数日後香りが強くなってきた頃が食べ頃である。尚時間が経過すると果皮が黒く変化するが果肉自体の熟度の指標とはならないので注意が必要である。果肉は黄色から薄いオレンジ色でねっとりとした食感。とても甘く、香りが強い。この強い芳香のために、人によって好き嫌いが別れる。中には多数の黒い種子がある。 品種はNC-1、レベッカズゴールド、プロリフィック、オーバーリースなどがある。 分類・分布 ポーポーの自生地はカナダのオンタリオ州からアメリカ合衆国東部ニューヨーク州から西はネブラスカ州南東部、南はフロリダ州北部とテキサス州東部に広がる。



その他の植物

コルチカム

イヌサフラン科イヌサフラン属

ハルニレ

ニレ科ニレ属

カレープラント

キク科ムギワラギク属

アカンサス

キツネノマゴ科ハアザミ属

シコンノボタン(紫紺野牡丹)

ノボタン科ティボウキナ属

キュウリ(胡瓜)

ナス科キュウリ属

カネノナルキ(金のなる木)

ベンケイソウ科クラッスラ属

シレネ

ナデシコ科シレネ属