1. トップ
  2. 花言葉
  3. 冬の季節
  4. クリスマスローズ

クリスマスローズ
≪学名:Helleborus≫

原産地、ヨーロッパ~西アジアのキンポウゲ科クリスマスローズ属クリスマスローズは、学名Helleborusです。英語ではhellebore、Christmas roseと表記し別名、ヘレボラス、レンテンローズ と呼ばれています。開花時期は12月~4月。花色は白色、ピンク色。冬の季節に開花します。

クリスマスローズの花言葉は?

追憶
私の心を慰めて
不安を取り除いてください

誕生日花




詳細

学名
Helleborus
英語
hellebore、Christmas rose
科属名
キンポウゲ科クリスマスローズ属
和名
カンシャクヤク(寒芍薬)
別名
ヘレボラス、レンテンローズ
原産地
ヨーロッパ~西アジア
季節
冬の季節
開花時期:12月~4月。花色:白色、ピンク色。

『ヘレボルス』より : ヘレボルス(学名: Helleborus)は、キンポウゲ科クリスマスローズ属に分類される植物の総称。ヘレボラスともいう。「クリスマスローズ」という呼称は、クリスマスのころに開花するヘレボルス・ニゲル (Helleborus niger) だけを指した呼称であるが、日本の園芸市場では、「レンテンローズ」と呼ばれるヘレボルス・オリエンタリス (Helleborus orientalis、ハルザキクリスマスローズ) なども「クリスマスローズ」の名前で出回る。 形態・生態 花に見える部分は、植物学上では「花」ではなく「萼片」という部分である。そのため、鑑賞期間が比較的長い。ただし、本来の花弁も蜜腺として残り、これが大きく発達したものを選別した品種もある。多くの品種は、クリスマスのころではなく、春に開花する。 夏は休眠状態となり、根は活動を休止し、呼吸しているだけの状態となる。 分布 チベタヌス (Helleborus thibetanus) が中国の四川省から雲南省にかけて自生しているのを除けば、15の原種の全てが、東ヨーロッパからバルカン半島からトルコ、シリアに自生している。



その他の植物

ヒポシルタ

イワタバコ科ネマタンサス属

リンドウ (竜胆)

リンドウ科リンドウ属

アシ/ヨシ

イネ科ヨシ属

ビバーナム

スイカズラ科ガマズミ属

〔白色〕ユリ(百合)

ユリ科ユリ属

マユミ(檀、真弓、檀弓)

ニシキギ科ニシキギ属

〔黄色〕チューリップ

ユリ科チューリップ属

ヌルデ(白膠木)

ウルシ科ヌルデ属