1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. ツバキ(椿・海柘榴)

ツバキ(椿・海柘榴)
≪学名:Camellia japonica≫

原産地、日本、朝鮮、中国のツバキ科ツバキ属ツバキ(椿・海柘榴)は、学名Camellia japonicaです。英語ではCamelliaと表記し別名、ヤブツバキ(藪椿) と呼ばれています。開花時期は2月~4月。花色は赤色、白色、ピンク色。春の季節に開花します。

ツバキ(椿・海柘榴)の花言葉は?

申し分のない愛らしさ
理想の愛

誕生日花




詳細

学名
Camellia japonica
英語
Camellia
科属名
ツバキ科ツバキ属
和名
椿、海柘榴
別名
ヤブツバキ(藪椿)
原産地
日本、朝鮮、中国
季節
春の季節
開花時期:2月~4月。花色:赤色、白色、ピンク色。

ツバキ(椿、海柘榴)またはヤブツバキ(藪椿、学名: Camellia japonica)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。照葉樹林の代表的な樹木。 日本内外で近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種、ワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的に「椿」と呼ぶが、同じツバキ属であってもサザンカを椿と呼ぶことはあまりない。 形態・生態 常緑性の高木。普通は高さ5–6mだが、樹高18m・胸高直径50cmにも達する例も知られる。ただしその成長は遅く、寿命は長い。樹皮はなめらかで灰白色、時に細かな突起がまばらに出る。枝はよくわかれる。冬芽は線状楕円形で先端はとがり、円頭の鱗片が折り重なる。鱗片の外側には細かい伏せた毛がある。鱗片は枝が伸びると脱落する。 葉は互生、長楕円形から広楕円形、鋭尖頭(先端が突き出す)で、葉脚は広いくさび形、縁には鋸歯が並ぶ。葉質は厚くて表面につやがあり、濃緑色で裏面はやや色が薄い。 花期は冬から春にかけてにまたがり、早咲きのものは冬さなかに咲く。 サザンカとの見分け方 ツバキ(狭義のツバキ。



その他の植物

ヨルガオ(夜顔)

ヒルガオ科サツマイモ属

オニユリ (鬼百合)

ユリ科ユリ属

トルコキキョウ(トルコ桔梗)

リンドウ科ユーストマ属

オオタニワタリ(大谷渡り)

チャセンシダ科アスプレニウム属

ベアグラス

カヤツリグサ科スゲ属

スイートピー

マメ科レンリソウ属

マジョラム

シソ科オリガヌム属(ハナハッカ属)