1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. チャービル

チャービル
≪学名:Anthriscus cerefolium≫

原産地、ヨーロッパ南東部~西アジアのセリ科シャク属チャービルは、学名Anthriscus cerefoliumです。英語ではchervilと表記し別名、セルフィーユと呼ばれています。開花時期は5月~6月。花色は白色。春の季節に開花します。

チャービルの花言葉は?

正直
誠実

誕生日花




詳細

学名
Anthriscus cerefolium
英語
chervil
科属名
セリ科シャク属
和名
ウイキョウゼリ(茴香芹)
別名
セルフィーユ
原産地
ヨーロッパ南東部~西アジア
季節
春の季節
開花時期:5月~6月。花色:白色。

チャービル (Anthriscus cerefolium、chervil) はセリ科シャク属に属する一年草。パセリに類似する。フレンチパセリ(French parsley)とも呼ばれる。マイルドな味わいの料理の風味付けに用いられ、フランス料理にも使用されるハーブである。仏名でセルフィーユ、和名でウイキョウゼリ(茴香芹)とも呼ばれる。 生態 チャービルはコーカサス地方原産であるが、ローマによりヨーロッパ中に広められ、現在では自生している。アメリカ北東部などにも自生する。 40-70cmまで育ち、葉は三回羽状で巻いている。白くて小さい花は散形花序で、直径2.5-5cmである。果実は約1cmの細い楕円体か卵型である。 高さ12-24インチ、幅6-12インチに育つ。 パセリと似ている為混同されることがあるが、パセリとは栽培条件に差異がある。直射日光と湿気を嫌うので、日陰の窓辺、ベランダが栽培環境に適している。 文献に初出するのは紀元後、ローマの時代である。チャービルはかつて生垣や荒地に自生する一年生の雑草とみなされ、注意を払われることはなかった。



その他の植物

〔赤色〕ブバルディア

アカネ科ブバルディア属

ベンケイソウ(弁慶草)

ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属

ハクサンチドリ(白山千鳥)

ラン科ハクサンチドリ属

トリカブト(鳥兜)

キンポウゲ科トリカブト属

クロッカス

アヤメ科クロッカス属

ブラシノキ(ブラシの木)

フトモモ科ブラシノキ属

クサギ(臭木)

シソ科クサギ属

〔黄色〕チューリップ

ユリ科チューリップ属