1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. オオタニワタリ(大谷渡り)

オオタニワタリ(大谷渡り)
≪学名:Asplenium antiquum Makino≫

原産地、アジア、太平洋諸島(ニドゥス)のチャセンシダ科アスプレニウム属オオタニワタリ(大谷渡り)は、学名Asplenium antiquum Makinoです。英語ではSpleenwortと表記し別名、タニワタリ、アスプレニウムと呼ばれています。夏の季節に開花します。

オオタニワタリ(大谷渡り)の花言葉は?

あなたは私の喜び
真実の慰み

誕生日花




詳細

学名
Asplenium antiquum Makino
英語
Spleenwort
科属名
チャセンシダ科アスプレニウム属
和名
大谷渡り
別名
タニワタリ、アスプレニウム
原産地
アジア、太平洋諸島(ニドゥス)
季節
夏の季節

オオタニワタリ (Asplenium antiquum Makino) はシダ植物門チャセンシダ科に属する日本南部から台湾の森林内の樹木や岩などに着生するシダ植物。単にタニワタリとも言う。本州南岸以南に分布するが、南では近似種が他にもある。 葉は細長く、先端がとがった広線形で、切れ込みなどはない。主軸はしっかりしていて、褐色に色づく。基部には少し葉柄があって、鱗片が密生する。胞子のう群は葉の裏側に並ぶ。葉の先端の方から中程まで、主軸の両側に、多数の直線状の胞子のう群が、主軸から斜め上方向へ、平行に並んでいる。 茎は短くて直立する。葉は茎の先端に集中して放射状に配列し、斜め上に伸びるので、全体としてはお猪口のような姿になる。茎の側面はたくさんの根が出て、黒褐色のふわふわしたスポンジ状の固まりとなる。着生植物で、熱帯や亜熱帯では樹木の幹や枝に付着して成長する。ただし、日本本土など比較的寒冷な地域では岩の上や地上で生育するものが多くなる。 葉がお猪口型になるのは、落ち葉をここに集めて、自分が成長するための肥料とするための適応と考えられる。



その他の植物

エンドウ(豌豆)の花

マメ科エンドウ属

サントリナ

キク科サントリナ属

セッカヤナギ(石化柳)

ヤナギ科ヤナギ属

オレガノ

シソ科ハナハッカ属

チャービル

セリ科シャク属

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

キク科アキノキリンソウ属

カリン(花梨)

バラ科カリン属

イキシア

アヤメ科イキシア属