サフラン
≪学名:Crocus sativus≫

原産地、地中海沿岸から西南アジアのアヤメ科クロッカス属サフランは、学名Crocus sativusです。英語ではsaffron crocusと表記し別名、薬用サフラン、サフランクロッカスと呼ばれています。開花時期は10月~11月。花色は紫色。秋の季節に開花します。

サフランの花言葉は?

歓喜
陽気

誕生日花




詳細

学名
Crocus sativus
英語
saffron crocus
科属名
アヤメ科クロッカス属
和名
番紅花(バンコウカ)、泪夫藍(サフラン)
別名
薬用サフラン、サフランクロッカス
原産地
地中海沿岸から西南アジア
季節
秋の季節
開花時期:10月~11月。花色:紫色。

サフラン(Crocus sativus、英: saffron crocus(植物)、英: saffron(香辛料)、仏: safran)は、 西南アジア原産で、最初に栽培されたのがギリシアとされる、アヤメ科の多年草およびそのめしべを乾燥させた香辛料をさす。地中海沿岸を原産とする。 別名薬用サフランと呼んで、同属植物で観賞用の花サフラン(クロッカス)と区別する。 名称はアラビア語「ザアファラーン」(zaʻfarān زَعْفَرَان)に由来する。日本では、咱夫藍の漢字を宛てる。洎夫藍、洎夫蘭、泊夫藍などの表記も見られるが、いずれも字音が合わず、誤字である。 成分は、α、β、γ‐カロテン。他に色素配糖体であるクロシン (crocin)、無色の苦味配糖体ピクロクロシン (picrocrocin)、精油(8-10%、テルペン、テルペンアルコール、エステル)、クロセチン (crocetin) などを含む。



その他の植物

アイ(藍)

タデ科イヌタデ属

ササユリ(笹百合)

ユリ科ユリ属

ヤツデ(八つ手・八手)

ウコギ科ヤツデ属

ルリタマアザミ(瑠璃玉薊)

キク科ヒゴタイ属

ヒマワリ(向日葵)

キク科ヘリアンサス属

レモン(檸檬)

ミカン科ミカン属

セントポーリア

イワタバコ科アフリカスミレ属

〔白色〕コチョウラン(胡蝶蘭)

ラン科コチョウラン属