1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. マツバギク(松葉菊)

マツバギク(松葉菊)
≪学名:Lampranthus spectabilis≫

原産地、南アフリカのハマミズナ科マツバギク属(ランプラントゥス属)マツバギク(松葉菊)は、学名Lampranthus spectabilisです。英語ではFig marigoldと表記し別名、ランプランサス、サボテンギク(仙人掌菊)、タイワンギク(台湾菊)と呼ばれています。花色はピンク色、オレンジ色、赤色。開花時期は3月~11月。夏の季節に開花します。

マツバギク(松葉菊)の花言葉は?

忍耐

誕生日花




詳細

学名
Lampranthus spectabilis
英語
Fig marigold
科属名
ハマミズナ科(またはツルナ科)マツバギク属(ランプラントゥス属)
和名
松葉菊
別名
ランプランサス、サボテンギク(仙人掌菊)、タイワンギク(台湾菊)
原産地
南アフリカ
季節
夏の季節
花色:ピンク色、オレンジ色、赤色。開花時期:3月~11月。

マツバギク(松葉菊、学名: Lampranthus spectabilis)は、ハマミズナ科(ツルナ科)マツバギク属(ランプラントゥス属)の多年草の種のひとつ。また、マツバギク属(Lampranthus)の総称のこと。本記事では、特に断らない限り、種としてのマツバギク(L. spectabilis)を説明する。 マツバボタン(スベリヒユ科)と名前が似ているが、別な植物である。また、マツバギクの葉は多肉であり、花の形もある種のサボテンに似ているので、サボテンの一種と誤解する人もいるが、多肉植物であるものの、サボテンとは全く別系統の植物である。 形態・生態 茎は木質化し、地上を横に這い、先端が立ち上がる。茎は根本でよく分枝して、まばらなクッション状の群落になる。節があって、葉を対生する。 葉は多肉質で、断面がやや三角になった棒状。 花は一見キクにも似ている。花弁は細いものが多数並ぶ。花弁が紫色で、やや光沢がある。朝に花が開き、夕方に花が閉じる。春から夏にかけ、長期間開花を繰り返す。 分布 南アフリカ原産。



その他の植物

ブタクサ(豚草)

キク科ブタクサ属

カランコエ

ベンケイソウ科カランコエ属(リュウキュウベンケイ属)

ダチュラ

ナス科ダチュラ属

スイートアリッサム

アブラナ科ロブラリア(ニワナズナ)属

ノジギク(野路菊)

キク科キク属

〔赤色〕ガーベラ

キク科ガーベラ属

カスミソウ(霞草)

ナデシコ科カスミソウ属

ラケナリア

ユリ科ラケナリア(ラシュナリア)属