ルピナス
≪学名:Lupinus≫

原産地、北米、地中海沿岸のマメ科ルピナス属ルピナスは、学名Lupinusです。英語ではLupinと表記します。花色はピンク色、白色、紫色、赤色、黄色。開花時期は3月~6月。夏の季節に開花します。

ルピナスの花言葉は?

貪欲
空想
母性愛
あなたは私の安らぎ

誕生日花



詳細

学名
Lupinus
英語
Lupin
科属名
マメ科ルピナス属
和名
ノボリフジ(昇り藤)、ハウチワマメ(葉団扇豆)
別名
-
原産地
北米、地中海沿岸
季節
夏の季節
花色:ピンク色、白色、紫色、赤色、黄色。開花時期:3月~6月。

『ルピナス属』:ルピナス属(るぴなすぞく、学名: Lupinus、ルーピン、英: Lupin)は、マメ科の属の1つ。ルピナスの名はオオカミに由来し、吸肥力が非常に強い特徴を貪欲な狼にたとえたものである。和名はハウチワマメ属(葉団扇豆属)。根生葉が掌状複葉であることから付けられた。また、花の様子がフジに似ており、花が下から咲き上がるため、ノボリフジ(昇藤)とも呼ばれる。 耐寒性または半耐寒性の一年草または多年草、一部灌木状になるものもある。地中海沿岸地方と南北アメリカ、南アフリカなどに200種以上が分布している。葉には長い柄があり、草丈は50〜180cmくらいになる。春から初夏にかけて、雄大な総状花序をなし、蝶形花を多数咲かせる。宿根ルピナスの大きな物では、花穂が60cmにもなる見事な花になるが、暑さに弱く、暖地の気候にはあまり合わない。この属は、アメリカ、地中海沿岸地域などに分布し300種類以上ある。古代には食用、飼料用、石鹸の材料として利用された。日本では、明治期に緑肥用作物として導入された。園芸植物としての栽培が始まったのは近世になってからで、1911年にジョージ・ラッセル(George Russell)が改良種を開発し、多様な園芸種が作られるようになった。



その他の植物

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)

イチョウ科イチョウ属

ホワイトレースフラワー

セリ科ドクゼリモドキ属

シクラメン

サクラソウ科シクラメン属

〔白色〕チューリップ

ユリ科チューリップ属

ワスレナグサ(勿忘草・忘れな草)

ムラサキ科ワスレナグサ属

ナノハナ(菜の花)

アブラナ科アブラナ属

カリブラコア

ナス科カリブラコア属

カズノコグサ(数の子草)

イネ科カズノコグサ属