1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. マユミ(檀、真弓、檀弓)

マユミ(檀、真弓、檀弓)
≪学名:Euonymus hamiltonianus≫

原産地、日本、韓国、中国など東アジアのニシキギ科ニシキギ属マユミ(檀、真弓、檀弓)は、学名Euonymus hamiltonianusです。英語ではSpindle treeと表記し別名、ヤマニシキギ(山錦)と呼ばれています。花色は白色。開花時期は5月~6月。夏の季節に開花します。

マユミ(檀、真弓、檀弓)の花言葉は?

あなたの魅力を心に刻む
艶めき

誕生日花




詳細

学名
Euonymus hamiltonianus
英語
Spindle tree
科属名
ニシキギ科ニシキギ属
和名
檀、真弓、檀弓
別名
ヤマニシキギ(山錦)
原産地
日本、韓国、中国など東アジア
季節
夏の季節
花色:白色。開花時期:5月~6月。

マユミ(檀、真弓、檀弓、学名:Euonymus hamiltonianus)とは、ニシキギ科ニシキギ属の木本。別名ヤマニシキギ(山錦木)とも呼ばれる。 日本と中国の林に自生する。秋に果実と種子、紅葉を楽しむ庭木として親しまれ、盆栽に仕立てられることもある。 落葉低木、または小高木。雌雄異株。老木になると、幹には縦の裂け目が目立つ。 葉は対生で細かいのこぎり歯(鋸歯)があり、葉脈がはっきりしている。1年目の枝は緑色をしている。 芽は丸々としているが、近縁種のツリバナは新芽が鋭く尖っている。 花は初夏、新しい梢の根本近くにつく。薄い緑で、四弁の小花。 果実は枝にぶら下がるようにしてつき、小さく角ばった四裂の姿。秋の果実の色は品種により白、薄紅、濃紅と異なるが、どれも熟すと果皮が4つに割れ、鮮烈な赤い種子が4つ現れる。 市販のマユミは雌木しか出回っていないが、雌木1本で果実がなる。 剪定をする場合は落葉中に行う。成長は早い。若木のうちに樹形の骨格を作り、分枝させたら、その後の強い剪定は避ける。切り詰めすぎると花と果実がつかない。根が浅く、根元が乾燥しすぎると弱り、果実が落ちる。



その他の植物

オキナグサ(翁草)

キンポウゲ科オキナグサ属

ハシバミ(榛)

カバノキ科ハシバミ属

〔紫色〕スミレ(菫)

スミレ科スミレ属

ゼニアオイ(銭葵)

アオイ科ゼニアオイ属

ストレプトカーパス

イワタバコ科ストレプトカーパス属

キク(菊)

キク科キク属

ヒエ(稗)

イネ科ヒエ属

キショウブ(黄菖蒲)

アヤメ科アヤメ属