1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. シソ(紫蘇)

シソ(紫蘇)
≪学名:Perilla frutescens var. crispa≫

原産地、インド、ミャンマー、中国のシソ科シソ属シソ(紫蘇)は、学名Perilla frutescens var. crispaです。英語ではShisoと表記し別名、ノラエ、イヌエ、チソと呼ばれています。開花時期は9月~10月。花色は赤紫色。夏の季節に開花します。

シソ(紫蘇)の花言葉は?

善良な家風

誕生日花


詳細

学名
Perilla frutescens var. crispa
英語
Shiso
科属名
シソ科シソ属
和名
紫蘇
別名
ノラエ、イヌエ、チソ
原産地
インド、ミャンマー、中国
季節
夏の季節
開花時期:9月~10月。花色:赤紫色。

シソ(紫蘇、学名:Perilla frutescens var. crispa)は、シソ科シソ属の植物。かつてはエゴマをこれと同属異種の植物(P. ocymoides)と分離したが、現在の遺伝子学研究で両者を同種「ペリラ・フルテスケンス(Perilla frutescens)」の変種とすることが確定している。 なお、シソには品種が多く、それらの総称を「広義のシソ」、基本品種である P. frutescens var. crispa f. crispa (チリメンジソ)や代表的な品種であるアカジソ P. frutescens var. crispa f. purpurea を「狭義のシソ」という場合がある。本稿において特に明記しない限り「紫蘇」または「シソ」とは、「広義のシソ」の意味である。 和名の由来 次のような逸話が伝えられている。後漢末、洛陽の若者が蟹の食べすぎで食中毒を起こした。若者は死にかけていたが、名医・華佗が薬草を煎じ、紫の薬を作った。薬を用いたところ、若者はたちまち健康を取り戻した。「紫」の「蘇る」薬だというので、この薬草を「紫蘇」というようになった。



その他の植物

ペペロミア

コショウ科ペペロミア属(サダソウ属)

パンパスグラス

イネ科コルタデリア属

〔赤色〕アンスリウム

サトイモ科アンスリウム属

ビヨウヤナギ(美容柳)

オトギリソウ科オトギリソウ属

トウダイグサ(灯台草)

トウダイグサ科トウダイグサ属

シンビジューム

ラン科シュンラン属

ツルウメモドキ(蔓梅擬)

ニシキギ科ツルウメモドキ属

バッカリス

キク科バッカリス属