1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ナナカマド(七竈)

ナナカマド(七竈)
≪学名:Sorbus commixta≫

原産地、日本 、朝鮮半島のバラ科ナナカマド属ナナカマド(七竈)は、学名Sorbus commixtaです。英語ではJapanese Rowanと表記し別名、ライデンボク(雷電木)と呼ばれています。開花時期は6月~7月。花色は白色。秋の季節に開花します。

ナナカマド(七竈)の花言葉は?

慎重
賢明
用心
怠りない心

誕生日花




詳細

学名
Sorbus commixta
英語
Japanese Rowan
科属名
バラ科ナナカマド属
和名
七竈
別名
ライデンボク(雷電木)
原産地
日本 、朝鮮半島
季節
秋の季節
開花時期:6月~7月。花色:白色。

ナナカマド(七竈、学名;Sorbus commixta)は、バラ科の落葉高木。赤く染まる紅葉や果実が美しいので、北海道や東北地方では街路樹としてよく植えられている。 北海道、本州、四国、九州の山地~亜高山帯に分布する。 高さ7~10m程度になり、夏には白い花を咲かせる。葉は枝先に集まって着き、奇数羽状複葉。秋にはあざやかに紅葉し、赤い実を成らせる。実は鳥類の食用となる。果実酒にも利用できる。 北欧などで魔よけとされているのは、ナナカマド (Japanese Rowan) と同じナナカマド属だが別種のセイヨウナナカマド (European rowan, Sorbus aucuparia) である。 語源 「ナナカマド」という和名は、"大変燃えにくく、7度竃(かまど)に入れても燃えない"ということから付けられたという説が広く流布している。その他に、"7度焼くと良質の炭になる"という説や、食器にすると丈夫で壊れにくい事から"竃が7度駄目になるくらいの期間使用できる"という説などもある。



その他の植物

オトギリソウ(弟切草)

オトギリソウ科オトギリソウ属

シュウカイドウ(秋海棠)

シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属

フロックス

ハナショウブ科クサキョウチクトウ属

マツヨイグサ(待宵草)

アカバナ科マツヨイグサ属

コケバラ

バラ科バラ属

マツバボタン(松葉牡丹)

スベリヒユ科スベリヒユ属

ホワイトスター

ガガイモ科オクシペタルム属(トゥイーディア属)