1. トップ
  2. 花言葉
  3. 冬の季節
  4. ハンノキ(榛の木)

ハンノキ(榛の木)
≪学名:Alnus japonica≫

原産地、日本(本州茨城県以西~九州)、中国のカバノキ科ハンノキ属ハンノキ(榛の木)は、学名Alnus japonicaです。英語ではJapanese Alderと表記し別名、ハン(榛)、ヤチハンノキ(谷地榛の木)、赤楊と呼ばれています。開花時期は12月~2月。花色は紅紫色。冬の季節に開花します。

ハンノキ(榛の木)の花言葉は?

荘厳(重々しくおごそか)
不屈の心
剛勇(強くいさましい)

誕生日花




詳細

学名
Alnus japonica
英語
Japanese Alder
科属名
カバノキ科ハンノキ属
和名
榛の木
別名
ハン(榛)、ヤチハンノキ(谷地榛の木)、赤楊
原産地
日本(本州茨城県以西~九州)、中国
季節
冬の季節
開花時期:12月~2月。花色:紅紫色。

ハンノキ(榛の木。学名:Alnus japonica)は、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。 日本、朝鮮半島、ウスリー、満州に分布する。日本では全国の山野の低地や湿地、沼に自生する。樹高は15mから20m、直径60cmほど。湿原のような過湿地において森林を形成する数少ない樹木。花期は冬の12-2月頃(北海道では3月頃)で、葉に先だって単性花をつける。雄花穂は黒褐色の円柱形で尾状に垂れ、雌花穂は楕円形で紅紫色を帯び雄花穂の下部につける。花はあまり目立たない。果実は松かさ状で10月頃熟す。葉は有柄で長さ5~13cmの長楕円形。縁に細鋸歯がある。良質の木炭の材料となるために、以前にはさかんに伐採された。材に油分が含まれ生木でもよく燃えるため、北陸地方では火葬の薪に使用された。近年では水田耕作放棄地に繁殖する例が多く見られる。 春先に伸びた1葉や2葉(春葉)の寿命は、以降に延びた葉(夏葉)よりも短いため6月から7月になると春葉が集中的に落葉する事が報告されている。



その他の植物

イチハツ(一八・一初)

アヤメ科アヤメ属

スギ(杉)

ヒノキ科スギ亜科スギ属

ジニア

キク科ジニア属

ビヨウヤナギ(美容柳)

オトギリソウ科オトギリソウ属

セッカヤナギ(石化柳)

ヤナギ科ヤナギ属

フリージア

アヤメ科フリージア属

ランタナ

クマツヅラ科シチヘンゲ属

アズキ(小豆・荅)

マメ科ササゲ属