1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. キク(菊)

キク(菊)
≪学名:Chrysanthemum × morifolium Ramat.≫

原産地、中国、アジアのキク科キク属キク(菊) は、学名Chrysanthemum × morifolium Ramat.です。英語ではflorists’ daisyと表記し別名、ポットマム、クッションマムと呼ばれています。夏菊(開花時期は6月~7月)、秋菊(開花時期は10月~11月)、夏秋菊(開花時期は7月~10月)、寒菊(開花時期は12月~1月)。花色は白色、赤色、黄色、ピンク色、オレンジ色、紫色など秋の季節に開花します。

キク(菊) の花言葉は?

高潔
私を信じて下さい
破れた恋
真の愛
わずかな愛

誕生日花




詳細

学名
Chrysanthemum × morifolium Ramat.
英語
florists’ daisy
科属名
キク科キク属
和名
菊 紫紅
別名
ポットマム、クッションマム
原産地
中国、アジア
季節
秋の季節
夏菊(開花時期:6月~7月)、秋菊(開花時期:10月~11月)、夏秋菊(開花時期:7月~10月)、寒菊(開花時期:12月~1月)。花色:白色、赤色、黄色、ピンク色、オレンジ色、紫色など

キク(菊)は、キク科キク属の植物。ここでは、狭義のキク(イエギク、栽培ギク)について詳述する。 日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶ。 イエギク(家菊、学名 Chrysanthemum × morifolium syn. Chrysanthemum × grandiflorum Kitam.)は、キク科キク属の植物。 秋に咲く花であるが、短日性植物で、電照などを用いた作型の分化により、周年供給されている(電照菊を参照)。食用にする「もってのほか」などの品種もある(食用菊を参照)。花言葉は「高貴」である。観賞園芸的には和菊、生産園芸的には洋菊が中心に栽培されている。また、切花としては温室での電照栽培で周年出荷されている。バラ、カーネーションとともに生産高の多い花卉となっている。 日本では、薬草や観賞用植物として平安時代より用いられ、宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句(旧暦9月9日)が明治時代まで行われ、現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われている。



その他の植物

トサミズキ(土佐水木)

マンサク科トサミズキ属

ミヤコワスレ(都忘れ)

キク科ミヤマヨメナ属

ゴデチア

アカバナ科サンジソウ属

アルストロメリア

ユリ科アルストロメリア属

カンガルーポー

ハエモドルム科アニゴザントス属

アキレア(ノコギリソウ)

キク科ノコギリソウ属

アカンサス

キツネノマゴ科ハアザミ属

サネカズラ(実葛)

マツブサ科サネカズラ属