1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. クワイ(慈姑)

クワイ(慈姑)
≪学名:agittaria trifolia var. edulis≫

原産地、中国のオモダカ科オモダカ属クワイ(慈姑)は、学名agittaria trifolia var. edulisです。英語ではThreeleaf Arrowheadと表記し別名、田草、燕尾草、クワエと呼ばれています。開花時期は7月~10月。花色は白色。水生多年草。春の季節に開花します。

クワイ(慈姑)の花言葉は?

縁起がよい

誕生日花




詳細

学名
agittaria trifolia var. edulis
英語
Threeleaf Arrowhead
科属名
オモダカ科オモダカ属
和名
慈姑
別名
田草、燕尾草、クワエ
原産地
中国
季節
春の季節
開花時期:7月~10月。花色:白色。水生多年草。

クワイ(慈姑、学名:Sagittaria trifolia L. 'Caerulea')は、オモダカ科の水生多年草であるオモダカの栽培品種である。別名(田草、燕尾草、クワエ)ともいう。歴史が古いことや葉の形から、地方では様々な呼び方がされている。 起源 クワイの語源は、収穫した外観が農機具の鍬(クワ)に似ていることから「鍬芋」(くわいも)と呼ばれたのが、転訛してクワイになったという説や、河芋(かわいも)が変化したという説やクワイグリから転じた等の伝承がある。 日本へは平安初期に中国から伝来したという説、16世紀に朝鮮半島より伝わったという説がある。 分布 アジアをはじめ、ヨーロッパ、アメリカの温帯から熱帯に広く分布する。 野生種は東南アジア原産とされているが、栽培品種は中国で作られた。 形態・特徴 クワイの栽培品種は青藍色の青クワイ、淡青色の白クワイ、小粒の吹田クワイの3種類があり、いずれも水田で栽培される。



その他の植物

バショウ(芭蕉)

バショウ科バショウ属

ジャコウアオイ(麝香葵)

アオイ科マルバ属

ミソハギ (禊萩)

ミソハギ科ミソハギ属

カンノンチク(観音竹)

ヤシ科カンノンチク属

モクレン(木蓮・木蘭)

モクレン科モクレン属

ネメシア

ゴマノハグサ科ネメシア属

ハンノキ(榛の木)

カバノキ科ハンノキ属

チューリップ

ユリ科チューリップ属