1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ジャノヒゲ(蛇の髭)

ジャノヒゲ(蛇の髭)
≪学名:Ophiopogon japonicus≫

原産地、日本~中国のクサスギカズラ科ジャノヒゲ属ジャノヒゲ(蛇の髭)は、学名Ophiopogon japonicusです。英語ではMondo grass、dwarf lilyturfと表記し別名、リュウノヒゲ(竜の髯)と呼ばれています。開花時期は7月~8月。花色は白色。夏の季節に開花します。

ジャノヒゲ(蛇の髭)の花言葉は?

変わらぬ想い

誕生日花




詳細

学名
Ophiopogon japonicus
英語
Mondo grass、dwarf lilyturf
科属名
クサスギカズラ科ジャノヒゲ属
和名
蛇の鬚
別名
リュウノヒゲ(竜の髯)
原産地
日本~中国
季節
夏の季節
開花時期:7月~8月。花色:白色。

ジャノヒゲ(蛇の髭、学名: Ophiopogon japonicus)は、キジカクシ科ジャノヒゲ属の常緑多年草。リュウノヒゲ(竜の髯)ともいう。 形態・生態 高さ10cmほどで細い葉が多数出る。この葉が竜の髯に似ているので名付けられたといわれる。 夏に総状花序に淡紫色の小さい花をつける。 子房は種子を1個含むが、成熟前に破れて種子が露出し、青く熟す。 葉状から、ジャノヒゲ(蛇の鬚)またはリュウノヒゲ(龍の鬚)といわれたが、ジョウノヒゲが転訛して、ジャノヒゲになったと考えられる。ジョウノヒゲとは、「尉(じょう)の鬚」の意であり、能面で老人の面を「尉(じょう)」といい、この葉の様子をその面の鬚(あごひげ)に見立てた。 分布・生育地 日本を含む東アジアからフィリピンの森林に広く分布する。また、よく植え込みに用いられる。 人間との関わり 生薬 根は所々太く紡錘形になり、これを麦門冬(ばくもんどう)と称して鎮咳・強壮などに用いる。



その他の植物

オモダカ(沢瀉・澤瀉・面高)

オモダカ科オモダカ属

ベニジウム

キク科ペニジウム属

フヨウ(芙蓉)

アオイ科フヨウ属

ヒトリシズカ(一人静)

センリョウ科チャラン属

フシグロセンノウ(節黒仙翁)

ナデシコ科センノウ属

ハナショウブ(花菖蒲)

アヤメ科ヤメ属

サンシュユ(山茱萸)

ミズキ科ミズキ属

フランネルフラワー

セリ科アクチノータス属