1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. セツブンソウ(節分草)

セツブンソウ(節分草)
≪学名:Shibateranthis pinnatifida Maxim.≫

原産地、日本のキンポウゲ科セツブンソウ属セツブンソウ(節分草)は、学名Shibateranthis pinnatifida Maxim.です。英語ではEvanthis pinnatifidaと表記し別名、エランティス、イエニレと呼ばれています。開花時期は2月~3月。花色は白色。春の季節に開花します。

セツブンソウ(節分草)の花言葉は?

気品
ほほえみ
光輝
人間嫌い

誕生日花




詳細

学名
Shibateranthis pinnatifida Maxim.
英語
Evanthis pinnatifida
科属名
キンポウゲ科セツブンソウ属
和名
節分草(セツブンソウ)
別名
エランティス、イエニレ
原産地
日本
季節
春の季節
開花時期:2月~3月。花色:白色。

セツブンソウ(節分草、学名:Shibateranthis pinnatifida Maxim.)は、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。関東地方以西に分布し、石灰岩地域に多く見られる。古名は、イエニレ(いへにれ、家楡)、漢名には菟葵・莃が当てられるが、中国語では別の植物を指す。 高さ10cmほど。花期は2-3月で直径2cmの白い花を咲かせる。花弁に見えるのは萼片である。 和名は、早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせることからついた。可憐な花は人気が高く、現在は、乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっている。節分草の自生地として有名な場所は、埼玉県小鹿野町、栃木県栃木市(星野の里)、広島県庄原市(総領地域)などがある。 種の保全状況評価 準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト) 2007年8月レッドリスト。以前の環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類(VU) 関連項目 キンポウゲ科 節分 外部リンク セツブンソウの標本(三重県藤原岳で1963年3月29日に採集) (千葉大学附属図書館) “日本のレッドデータ検索システム「セツブンソウ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2014年2月26日閲覧。



その他の植物

ハナモモ(花桃)

バラ科モモ属

ウメモドキ(梅擬)

モチノキ科モチノキ属

スイセンノウ(酔仙翁)

ナデシコ科センノウ属

クルマユリ(車百合)

ユリ科ユリ属

ココヤシ

ヤシ科ココヤシ属

インドソケイ(インド素馨)

キョウチクトウ科プルメリア属

サフラン

アヤメ科クロッカス属

ハンノキ(榛の木)

カバノキ科ハンノキ属