1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. テンナンショウ(天南星)

テンナンショウ(天南星)
≪学名:Arisaema serratum≫

原産地、東アジア、アフリカ、北アメリカのサトイモ科テンナンショウ属テンナンショウ(天南星)は、学名Arisaema serratumです。英語ではArisaema japonicum Blumeと表記し別名、ヤマゴンニャク(山蒟蒻)、ヘビノシャクシ(蛇杓子)、クチナワビシャク、ヘビノハシバコ、ヘビノアンドン、 ヘビコンニャク、ヘビノマクラ、ヘビノタイマツ、ヘビノコシカケと呼ばれています。開花時期は5月~6月。耐寒性多年草。花色は白色、緑色、紫色。夏の季節に開花します。

テンナンショウ(天南星)の花言葉は?

壮大な美

誕生日花




詳細

学名
Arisaema serratum
英語
Arisaema japonicum Blume
科属名
サトイモ科テンナンショウ属
和名
天南星
別名
ヤマゴンニャク(山蒟蒻)、ヘビノシャクシ(蛇杓子)、クチナワビシャク、ヘビノハシバコ、ヘビノアンドン、 ヘビコンニャク、ヘビノマクラ、ヘビノタイマツ、ヘビノコシカケ
原産地
東アジア、アフリカ、北アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:5月~6月。耐寒性多年草。花色:白色、緑色、紫色。

テンナンショウ属 (Arisaema) は、被子植物単子葉類サトイモ科に属する植物。有毒なものがある。テンナンショウは天南星の意で、この中の1種で日本列島から朝鮮半島にかけて分布する Arisaema serratum (Thunb.) Schott のこと、あるいはこの類の球茎の漢方生薬名である。 湿潤な熱帯や温帯に見られ、東アジア、東南アジア、北米、メキシコ、アフリカ東部などに分布する。世界で約150種があり、日本では約30種ほどが見られる。 英語では Cobra lily や Jack-in-the-Pulpit の別名がある。 多年草で球根(球茎・塊茎)を持つ。葉は複葉で1~2枚着き、葉柄の根元は葉鞘となって筒状に重なり、一見茎のように見えるため偽茎と呼ばれる。小葉は種によって3枚から20数枚が鳥趾状や掌状につく。葉柄の上に花柄を延ばし、仏炎苞を付ける。仏炎苞が葉よりも高く伸びるか低いかは種による。 ムサシアブミなど一部を除き、多くは雌雄異株であるが、栄養状態によって性転換することが知られている。



その他の植物

リンドウ (竜胆)

リンドウ科リンドウ属

フロックス

ハナショウブ科クサキョウチクトウ属

ダイヤモンドリリー

ヒガンバナ科ネリネ属

〔ピンク色〕ブーゲンビリア

オシロイバナ科ブーゲンビリア属

フリージア

アヤメ科フリージア属

ガーベラ

キク科ガーベラ属

イソギク(磯菊)

キク科キク属

マツ(松)

マツ科マツ属