1. トップ
  2. 花言葉と誕生花
  3. 夏の季節
  4. テンナンショウ(天南星)

テンナンショウ(天南星)
≪学名:Arisaema serratum≫

原産地、東アジア、アフリカ、北アメリカのサトイモ科テンナンショウ属テンナンショウ(天南星)は、学名Arisaema serratumです。英語ではArisaema japonicum Blumeと表記し別名、ヤマゴンニャク(山蒟蒻)、ヘビノシャクシ(蛇杓子)、クチナワビシャク、ヘビノハシバコ、ヘビノアンドン、 ヘビコンニャク、ヘビノマクラ、ヘビノタイマツ、ヘビノコシカケと呼ばれています。開花時期は5月~6月。耐寒性多年草。花色は白色、緑色、紫色。夏の季節に開花します。

テンナンショウ(天南星)

テンナンショウ(天南星)の花言葉は?

壮大な美

誕生日花




詳細

学名
Arisaema serratum
英語
Arisaema japonicum Blume
科属名
サトイモ科テンナンショウ属
和名
天南星
別名
ヤマゴンニャク(山蒟蒻)、ヘビノシャクシ(蛇杓子)、クチナワビシャク、ヘビノハシバコ、ヘビノアンドン、 ヘビコンニャク、ヘビノマクラ、ヘビノタイマツ、ヘビノコシカケ
原産地
東アジア、アフリカ、北アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:5月~6月。耐寒性多年草。花色:白色、緑色、紫色。

その他の植物

フレンチラベンダー

シソ科ラバンデュラ属

トリトニア

アヤメ科トリトニア属

ウグイスカグラ(鶯神楽)

スイカズラ科スイカズラ属

レンゲソウ(蓮華草)

マメ科ゲンゲ属

クロトン

トウダイグサ科クロトンノキ属

ノジギク(野路菊)

キク科キク属

ランタナ

クマツヅラ科シチヘンゲ属

チドリソウ(千鳥草)

キンポウゲ科チドリソウ属