歌番号93-歌人:鎌倉右大臣

小倉百人一首

上の句

世の中は よのなかは
常にもがもな つねにもがもな
渚漕ぐ なぎさこぐ

下の句

海人の小舟の あまのおぶねの
綱手かなしも つなでかなしも

世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ

海人の小舟の 綱手かなしも

歌人

鎌倉右大臣 かまくらのうだいじん

音声


スポンサーリンク

鎌倉右大臣とは

鎌倉右大臣とは

『金槐和歌集』より : 『金槐和歌集』(きんかいわかしゅう)は、鎌倉時代前期の源実朝の家集(歌集)。略称で『金槐集』とも呼ばれる。 成立は藤原定家より相伝の『万葉集』を贈られた建暦3年(1213年)12月18日頃とする説が有力。全一巻、663首(貞亨本では719首)掲載されている。『金槐和歌集』の「金」とは鎌の偏を表し、「槐」は槐門(大臣の唐名)を表しているため、別名鎌倉右大臣家集といわれている。但し、実朝の大納言(亜槐)や大臣(内大臣、右大臣 槐門)叙任は建保6年1218年である。 昭和4年(1929年)に佐佐木信綱によって発見された定家所伝本と、貞享4年(1687年)に版行された貞享本の2系統が伝えられている。前者は自撰・他撰(定家による撰)両説あるが未詳。後者も、奥書に「柳営亜槐」による改編とあるが、「柳営亜槐(征夷大将軍と大納言)」が誰であるかは諸説ある。江戸時代の国学者賀茂真淵に称賛されて以来『万葉調』の歌人ということになっている源実朝の家集であるが、実際は万葉調の歌は少ない。


このページのQRコード

メールを送る