歌番号77-歌人:崇徳院

小倉百人一首

上の句

瀬を早み せをはやみ
岩にせかるる いわにせかるる
滝川の たきがわの

下の句

われても末に われてもすえに
あはむとぞ思ふ あわんとぞおもう

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の

われても末に あはむとぞ思ふ

歌人

崇徳院 すとくいん

音声


スポンサーリンク

崇徳院とは

『崇徳天皇』より : 崇徳天皇(すとくてんのう、元永2年5月28日(1119年7月7日) - 長寛2年8月26日(1164年9月14日))は日本の第75代天皇(在位保安4年2月19日(1123年3月18日) - 永治元年12月7日(1142年1月5日))。退位後は新院、讃岐院とも呼ばれた。諱を顕仁(あきひと)という。 鳥羽天皇の第一皇子。母は中宮・藤原璋子(待賢門院)。 幼き帝 元永2年(1119年)5月28日に生まれ、6月19日に親王宣下を受ける。保安4年(1123年)正月28日に皇太子となり、同日、鳥羽天皇の譲位により践祚、2月19日に即位した。大治4年(1129年)、関白・藤原忠通の長女である藤原聖子(皇嘉門院)が入内する。同年7月7日、白河法皇が亡くなり鳥羽上皇が院政を開始する。翌大治5年(1130年)、聖子は中宮に冊立された。天皇と聖子との夫婦仲は良好だったが子供は生まれず、保延6年(1140年)9月2日女房・兵衛佐局が天皇の第一皇子・重仁親王を産むと、聖子と忠通は不快感を抱いたという。


このページのQRコード

メールを送る