歌番号7-歌人:阿部仲麿(あべのなかまろ)

小倉百人一首

上の句

天の原 あまのはら
ふりさけ見れば ふりさけみれば
春日なる かすがなる

下の句

三笠の山に みかさのやまに
出でし月かも いでしつきかも

天の原 ふりさけ見れば 春日なる

三笠の山に 出でし月かも

歌人

阿部仲麿 あべのなかまろ

音声で読み上げ

上の句

下の句


スポンサーリンク

阿倍仲麻呂は、奈良時代の遣唐留学生。中国名は仲満のち晁衡/朝衡。姓は朝臣。筑紫大宰帥・阿倍比羅夫の孫。中務大輔・阿倍船守の長男。弟に阿倍帯麻呂がいる。唐で科挙に合格し唐朝において諸官を歴任して高官に登ったが、日本への帰国を果たせずに唐で客死した。Wikipedia
生年月日:西暦698年
死没:西暦770年,中華人民共和国


このページのQRコード

メールを送る