歌番号67-歌人:周防内侍

小倉百人一首

上の句

春の夜の はるのよの
夢ばかりなる ゆめばかりなる
手枕に たまくらに

下の句

かひなく立たむ かいなくたたん
名こそ惜しけれ なこそおしけれ

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

歌人

周防内侍 すおうのないし

音声


スポンサーリンク

周防内侍とは

周防内侍(すおうのないし、1037年(長暦元年)頃 - 1109年(天仁2年)以後 1111年(天永2年)以前)は、平安時代後期の歌人である。女房三十六歌仙の一人。本名は平 仲子(たいらの ちゅうし)。掌侍 正五位下に至る。父は「和歌六人党」の一人、桓武平氏の周防守 従五位上 平棟仲。母は加賀守 従五位下 源正軄の女で、後冷泉院の女房となり小馬内侍と呼ばれた者だという。 はじめ後冷泉天皇に出仕、治暦4年(1068年)春の崩御後は家でふさぎこんでいたが、後三条天皇即位により7月7日から再出仕せよとの命を受け、以後白河天皇、堀河天皇に至る4朝に仕えた。歌合等にも度々参加し、公家・殿上人との贈答歌も残されている。『後拾遺和歌集』以降の勅撰集、家集『周防内侍集』等に作品を残す。天仁元年(1108年)以後、病のため出家、天永2年(1111年)までの間に没したようである。 逸話 住んでいた家を人手に渡して退去する際、柱に書き付けたという歌が『金葉和歌集』に採られている。


このページのQRコード

メールを送る