歌番号67-歌人:周防内侍(すおうのないし)

小倉百人一首

上の句

春の夜の はるのよの
夢ばかりなる ゆめばかりなる
手枕に たまくらに

下の句

かひなく立たむ かいなくたたん
名こそ惜しけれ なこそおしけれ

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

歌人

周防内侍 すおうのないし

音声で読み上げ


スポンサーリンク
このページのQRコード

メールを送る