歌番号61-歌人:伊勢大輔(いせのたいふ)

小倉百人一首

上の句

いにしへの いにしえの
奈良の都の ならのみやこの
八重桜 やえざくら

下の句

今日九重に きょうここのえに
匂ひぬるかな においぬるかな

いにしへの 奈良の都の 八重桜

今日九重に 匂ひぬるかな

歌人

伊勢大輔 いせのたいふ

音声で読み上げ


スポンサーリンク

伊勢大輔とは

伊勢大輔(いせのたいふ/いせのおおすけ、永祚元年(989年)頃? - 康平3年(1060年)頃?))は、平安時代中期の女流歌人。大中臣輔親の娘。高階成順に嫁し、康資王母・筑前乳母・源兼俊母など優れた歌人を生んだ。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。 1008年(寛弘5年)頃に一条天皇の中宮・上東門院藤原彰子に仕え、和泉式部・紫式部などと親交し、晩年には白河天皇の傅育の任にあたった。1060年(康平3年)までの生存が確認されている。 逸話 『百人一首』にも採られて有名な「いにしへの」の歌は、奈良から献上された八重桜を受け取る役目を、紫式部が勤める予定のところ、新参女房の伊勢大輔に譲ったことがきっかけとなり、更に藤原道長の奨めで即座に詠んだ和歌が、上東門院をはじめとする人々の賞賛を受けたものである。


このページのQRコード

メールを送る