歌番号59-歌人:赤染衛門

小倉百人一首

上の句

やすらはで やすらわで
寝なましものを ねなましものを
さ夜更けて さよふけて

下の句

傾くまでの かたぶくまでの
月を見しかな つきをみしかな

やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

傾くまでの 月を見しかな

歌人

赤染衛門 あかぞめえもん

音声


スポンサーリンク

赤染衛門とは

赤染衛門(あかぞめえもん、天暦10年(956年)頃? - 長久2年(1041年)以後)は、平安時代中期の女流歌人。大隅守・赤染時用の娘。中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人。 赤染衛門は赤染時用の娘とされる。しかし、赤染衛門の母親が前夫である平兼盛と婚姻していた頃に懐胎した後、再婚先である赤染家において、赤染衛門を出産したために、実父は平兼盛との説もある。後に、平兼盛は娘の親権を巡り、前夫の赤染時用との間で裁判を起こすが敗訴している。 赤染衛門は文章博士・大江匡衡と貞元年中(976~978)に結婚する。大江匡衡と赤染衛門はおしどり夫婦として知られており、仲睦ましい夫婦仲より、匡衡衛門と呼ばれたという。大江匡衡との間に大江挙周・江侍従等を設けた。赤染衛門は源雅信邸に出仕し、藤原道長の正妻である源倫子とその娘の藤原彰子に仕えており、紫式部・和泉式部・清少納言・伊勢大輔等とも親交があった。匡衡の尾張赴任にもともに下向し、夫を支えた。また、子の挙周の和泉守への任官に尽力して成功させ、病のときには住吉に和歌を奉納し病平癒に導いた話など、母としての像も鮮やかである。


このページのQRコード

メールを送る