歌番号47-歌人:恵慶法師

小倉百人一首

上の句

八重葎 やえむぐら
茂れる宿の しげれるやどの
さびしきに さびしきに

下の句

人こそ見えね ひとこそみえね
秋は来にけり あきはきにけり

八重葎 茂れる宿の さびしきに

人こそ見えね 秋は来にけり

歌人

恵慶法師 えぎょうほうし

音声


スポンサーリンク

恵慶法師とは

『恵慶』より : 恵慶(えぎょう、生没年不明)は平安時代中期の日本の僧、歌人。恵慶法師とも。中古三十六歌仙の一。 出自・経歴は不詳。播磨国分寺の講師をつとめ、国分寺へ下向する際に天台座主尋禅から歌を送られた。歌人としては『拾遺和歌集』に初出する。962年(応和2年)ごろより歌合などで活動し、986年花山院の熊野行幸に供奉した記録がある。また、大中臣能宣・紀時文・清原元輔など中級の公家歌人と交流していた。 小倉百人一首にも歌が取られている。家集に『恵慶法師集』がある。 関連項目 ==。


このページのQRコード

メールを送る