歌番号40-歌人:平兼盛

小倉百人一首

上の句

忍れど しのぶれど
色に出でにけり いろにいでにけり
我が恋は わがこいは

下の句

物や思ふと ものやおもうと
人の問ふまで ひとのとうまで

忍れど 色に出でにけり 我が恋は

物や思ふと 人の問ふまで

歌人

平兼盛 たいらのかねもり

音声


スポンサーリンク

平兼盛とは

平 兼盛(たいら の かねもり、生年不詳 - 正暦元年12月28日(991年1月16日))は、平安時代中期の歌人・貴族。臣籍降下前は兼盛王と称す。光孝平氏、大宰大弐・平篤行の三男。官位は従五位上・駿河守。三十六歌仙の一人。 文章生を経て、天慶9年(946年)従五位下に叙爵。天暦4年(950年)平朝臣姓を与えられて臣籍降下するとともに、越前権守に任ぜられる。 応和元年(961年)山城介。応和3年(964年)大監物として京官に復し、康保3年(966年)従五位上に叙せられる。 円融朝の天元2年(977年)駿河守に任ぜられ再び地方官に転じた。 正暦元年(991年)12月28日卒去。享年は明らかでないが、父・篤行王の生没年を勘案すると80歳位まで生存したと推定される。最終官位は前駿河守従五位上。 『拾遺和歌集』・『後拾遺和歌集』における代表的な歌人の一人であり、『後撰和歌集』以降の勅撰和歌集に約90首が採録。家集に『兼盛集』がある。その歌風は一首一首を深く考えてつくるというものであったが、難解になることもなく、比較的わかりやすい素直な表現の歌が多い。


このページのQRコード

メールを送る