歌番号31-歌人:坂上是則(さかのうえのこれのり)

小倉百人一首

上の句

朝ぼらけ あさぼらけ
有り明けの月と ありあけのつきと
見るまでに みるまでに

下の句

吉野の里に よしののさとに
降れる白雪 ふれるしらゆき

朝ぼらけ 有り明けの月と 見るまでに

吉野の里に 降れる白雪

歌人

坂上是則 さかのうえのこれのり

音声で読み上げ


スポンサーリンク

坂上是則は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。右馬頭・坂上好蔭の子。子に望城がいる。官位は従五位下・加賀介。三十六歌仙の一人。Wikipedia


このページのQRコード

メールを送る