歌番号23-歌人:大江千里_(歌人)(おおえのちさと)

小倉百人一首

上の句

月見れば つきみれば
ちぢに物こそ ちぢにものこそ
悲しけれ かなしけれ

下の句

我が身一つの わがみひとつの
秋にはあらねど あきにはあらねど

月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ

我が身一つの 秋にはあらねど

歌人

大江千里_(歌人) おおえのちさと

音声で読み上げ


スポンサーリンク

大江千里は、平安時代前期の貴族・歌人。参議・大江音人の子。一説では従四位下・大江玉淵の子。官位は正五位下・式部権大輔。中古三十六歌仙の一人。Wikipedia


このページのQRコード

メールを送る