歌番号22-歌人:文屋康秀(ふんやのやすひで)

小倉百人一首

上の句

吹くからに ふくからに
秋の草木の あきのくさきの
しをるれば しおるれば

下の句

むべ山風を むべやまかぜを
嵐といふらむ あらしというらん

吹くからに 秋の草木の しをるれば

むべ山風を 嵐といふらむ

歌人

文屋康秀 ふんやのやすひで

音声で読み上げ


スポンサーリンク

文屋康秀は、平安時代前期の歌人。文琳とも。縫殿助・文屋宗于または大舎人頭・文屋真文の子。子に文屋朝康がいる。官位は正六位上・縫殿助。六歌仙および中古三十六歌仙の一人。Wikipedia
子:文屋朝康


このページのQRコード

メールを送る