歌番号18-歌人:藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

小倉百人一首

上の句

住の江の すみのえの
岸に寄る波 きしによるなみ
よるさへや よるさえや

下の句

夢の通ひ路 ゆめのかよいじ
人目よくらむ ひとめよくらん

住の江の 岸に寄る波 よるさへや

夢の通ひ路 人目よくらむ

歌人

藤原敏行朝臣 ふじわらのとしゆきあそん

音声で読み上げ


スポンサーリンク

藤原敏行朝臣とは

藤原敏行は、平安時代前期の歌人・書家・貴族。藤原南家、藤原巨勢麻呂の後裔。陸奥出羽按察使・藤原富士麻呂の子。官位は従四位上・右兵衛督。三十六歌仙の一人。Wikipedia


このページのQRコード

メールを送る