歌番号15-歌人:光孝天皇(こうこうてんのう)

小倉百人一首

上の句

君がため きみがため
春の野に出でて はるののにいでて
若菜摘む わかなつむ

下の句

我が衣手に わがころもでに
雪は降りつつ ゆきはふりつつ

君がため 春の野に出でて 若菜摘む

我が衣手に 雪は降りつつ

歌人

光孝天皇 こうこうてんのう

音声で読み上げ


スポンサーリンク

光孝天皇とは

光孝天皇(こうこうてんのう、天長7年(830年) - 仁和3年8月26日(887年9月17日)は、第58代天皇(在位:元慶8年2月23日(884年3月23日) - 仁和3年8月26日(887年9月17日))。諱は時康(ときやす)。 仁明天皇の第三皇子。母は藤原総継の娘、贈皇太后沢子。 幼少より太皇太后橘嘉智子の寵愛を受ける。16歳で父仁明天皇の御前で元服して親王となり、四品に叙せられる。以後、中務卿、式部卿、相撲司別当、大宰帥、常陸太守、上野太守と、親王が就任する慣例となっている官職のほぼすべてを歴任し、53歳のときに一品に叙せられ親王の筆頭となった。 陽成天皇が藤原基経によって廃位されたのち55歳で即位。『徒然草』には即位後も不遇だったころを忘れないように、かつて自分が炊事をして、黒い煤がこびりついた部屋をそのままにしておいた、という話があり、『古事談』にも似たような逸話がある。基経を関白にとして、前代に引き続いて政務を委任した。即位と同時にすべての子女を臣籍降下させ、子孫に皇位を伝えない意向を表明していたが、次代の天皇の候補者が確定しないうちに病を得たため、仁和3年8月25日に子息・源定省(後の宇多天皇)を親王に復し、翌8月26日に立太子させた。

光孝天皇ときやす)。仁明天皇の第三皇子。母は藤原総継の娘、贈皇太后沢子。Wikipedia
生年月日:西暦830年
生まれ:平安京
死没:西暦887年9月17日,平安京
親:仁明天皇
子:宇多天皇
孫息子:醍醐天皇


このページのQRコード

メールを送る