歌番号11-歌人:参議篁(さんぎたかむら)

小倉百人一首

上の句

わたの原 わたのはら
八十島かけて やそしまかけて
漕ぎ出でぬと こぎいでぬと

下の句

人には告げよ ひとにはつげよ
海人の釣り舟 あまのつりぶね

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

人には告げよ 海人の釣り舟

歌人

参議篁 さんぎたかむら

音声で読み上げ


スポンサーリンク

参議篁とは

『小野篁』より : 小野 篁(おの の たかむら、延暦21年(802年) - 仁寿2年12月22日(853年2月3日))は、平安時代前期の公卿・文人。 参議・小野岑守の長男。官位は従三位・参議。異名は野相公、野宰相、その反骨精神から野狂とも称された。小倉百人一首では参議篁(さんぎたかむら)。 弘仁6年(815年)に陸奥守に任ぜられた父・岑守に従って陸奥国へ赴き、弓馬をよくした。しかし、帰京後も学問に取り組まなかったことから、漢詩に優れ侍読を務めるほどであった岑守の子であるのになぜ弓馬の士になってしまったのか、と嵯峨天皇に嘆かれた。これを聞いた篁は恥じて悔い改めて学問を志し、弘仁13年(822年)文章生試に及第した。天長元年(824年)巡察弾正に任ぜられた後、弾正少忠・大内記・蔵人を経て、天長9年(832年)従五位下・大宰少弐に叙任される。この間の天長7年(830年)に父・岑守が没した際は、哀悼や謹慎生活が度を過ぎて、身体容貌がひどく衰えてしまうほどであったという。

小野篁は、平安時代前期の公卿・文人。参議・小野岑守の長男。官位は従三位・参議。異名は野相公、野宰相、その反骨精神から野狂とも称された。小倉百人一首では参議篁。Wikipedia
生年月日:西暦802年
死没:西暦853年


このページのQRコード

メールを送る