歌番号10-歌人:蝉丸(せみまる)

小倉百人一首

上の句

これやこの これやこの
行くも帰るも ゆくもかえるも
別れては わかれては

下の句

知るも知らぬも しるもしらぬも
逢坂の関 おうさかのせき

これやこの 行くも帰るも 別れては

知るも知らぬも 逢坂の関

歌人

蝉丸 せみまる

音声で読み上げ


スポンサーリンク

蝉丸とは

蝉丸(せみまる、生没年不詳)は、平安時代前期の歌人、音楽家。古くは「せみまろ」とも読む。 『小倉百人一首』にその歌が収録されていることで知られているが、その人物像は不詳。宇多天皇の皇子敦実親王の雑色、醍醐天皇の第四皇子などと諸伝があり、後に皇室の御物となった琵琶の名器・無名を愛用していたと伝えられる。また、仁明天皇の時代の人という説もある。生没年は不詳であるが、旧暦5月24日およびグレゴリオ暦の6月24日(月遅れ)が「蝉丸忌」とされている。 逢坂の関に庵をむすび、往来の人を見て「これやこの 行くも帰るも分かれつつ 知るも知らぬも逢坂の関」の和歌を詠んだという(百人一首では“行くも帰るも分かれては”となっている)。このため、逢坂の関では関の明神として祭られる。和歌は上記のものが『後撰和歌集』に収録されている他、『新古今和歌集』『続古今和歌集』の3首を含め勅撰和歌集に計4首が採録されている。 逸話 管弦の名人であった源博雅が逢坂の関に住む蝉丸が琵琶の名人であることを聞き、蝉丸の演奏を何としても聴きたいと思い、逢坂に3年間通いつづけ、遂に8月15日夜に琵琶の秘曲『流泉』『啄木』を伝授されたという(『今昔物語集』巻第24 第23話)。

蝉丸は、平安時代前期の歌人、音楽家。古くは「せみまろ」とも読む。


このページのQRコード

メールを送る